金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2018年8月17日(金) 教会長先生 み教えの要約
【題目】女性の信心を神様が楽しみ喜ばれる
過去のみ教えを見る

 以前、あるお方が「主人は外で働いてお金を稼いできてくれますが、私は家事と育児で家におりますからお金を稼ぐことが出来ません。」と仰いました。そこで「それは家族中みんなの健康を保っていくための尊い働きですよ。 親先生はよく『入院したら一日一万円いりますよ。入院していないということは一日一万円ずつ儲けている、得しているという風に考えなさい』と仰っておられました。それは心も体も健康を保たせて頂くように、炊事・掃除・洗濯ということにご祈念を込めて一生懸命させて頂きましたら、家内中が元気な心で仕事や勉強に打ち込んでさせて頂けるようになるのです。そのように心配りをさせて頂くという、大変大切な責任を持ってすべきお仕事ですよ。ですから、誇りをもってさせて頂かれましたらどうですか?」とお話しさせて頂いたことでした。
★信念をもってさせて頂きませんと、つい考え違いが起きてしまいます。「こんな仕事はつまらん。お金も稼げない。」というような損得勘定だけで物事を計ってしまいますと、有難いおかげを頂く働きにはなっていきません。家族中が徳と力を頂いて、有難い働きを生み出していきましょう。
★『女の信心が、神様のお楽しみお喜びである。懐妊の時、心を改め磨き、真心の子供を産んで養育し、日々食べ物を取りあつかい、この注意不注意によりて、病気のできることもあり病気を除くこともあり、子供の間は母親が子供の真心を作るのである。また、着物の洗濯をするのも体の養生である。この役目を油断なく注意する氏子を見て神は楽しみ喜び、ここに女の大責任があるぞ。神様の前に参りて自分の思うことを頼むばかりが信心ではない。神様へ参らない時に信心することがたくさんあります。』
★家事・育児のことを本当に有難く、お礼を申してさせて頂くということが出来られましたら、家の中はお徳に満ち満ちていくのです。すべてのことを信心を基にして、お徳を頂いていくことに中心をおいて、させて頂きましょう。
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.