金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2018年8月29日(水) 教会長先生 み教えの要約
【題目】目・耳・口の葉刈り
過去のみ教えを見る

 8月は「葉刈りの信心」と教えて頂いております。葉刈りとは、枝葉が伸びた木の風通しを良くしたり、虫が付くのを防いだり、要らない方向に伸びたものを切って形を整えるために行います。私達人間も、年々少しずつ変化しております。ですから、日々生活を見直させて頂き、驕りがましいところのないように改まらせて頂いて、無理・無駄・ムラを省く「葉刈りの信心」をさせて頂くことが必要です。
★まず、私達の目、耳、口の葉刈りをさせて頂き、良いところを見て、良いことを聞き、良いことを口に出すことを心掛けさせて頂きましょう。つまらないことや、人の悪いところばかり見ないで、人の良いところを見て、聞いて、伝える努力をしていくのです。そのために、一回でも多く教会に足を運ばせて頂き、神様に御祈念し、心を神様に向けて一言でも多くみ教えを頂いて、心を洗い、心の掃除をさせて頂きましょう。
★「管子」の中に、『四体(したい)既に正しく、血気既に静かなれば、一意専心、耳目淫(じもくいん)ならず』という言葉があります。これは、「身体を健全に姿勢を整えて、はやる気を抑えて冷静になって、一つの事に精神を集中すると、他のくだらないことは耳にも目にも入らなくなる。」という意味です。神様に御祈念させて頂いて、邪心(横道へそれる)をお取り払い頂き、集中して物事に取り組めるように、心と姿勢を整えて頂くということはとても大切なのです。そして、実意丁寧にご祈念させて頂くことを稽古してゆきますと、神様と通じてゆくようになり、神様からお伝え下さる瞬間が多くならせて頂けるようになるのです。
★『神様を拝むのに手や口を洗っても、心を洗わねば何にもならぬ。心は火や水では洗えない。真一心で心を洗って信心をせよ』
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.