金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2019年3月21日(木) 教会長先生 み教えの要約
【題目】日々のお礼が次のおかげを頂く準備
過去のみ教えを見る

 先日、あるお方が「毎日のお仕事を有難いと思ってさせて頂いておりますが、締めの日がくるとどのようにして支払いをさせて頂いたらいいだろうか…と、心配で心配でたまりません。明日は繁盛するだろうか?支払いは出来るだろうか?働いて下さっている方々に給料が払えるだろうか?と考えたら、毎日が苦しくてたまらず、寝るにも寝られず、食欲も湧きません。」とお届けされました。それからそのお方は、毎日お届けをさせて頂かれるようになられ、毎日み教えをノートに書かれて、頂き直しをさせて頂かれるようになられたのでした。
★そのお方に[今、生かして頂いているからこそ、お仕事もさせて頂けているのです。「お命を頂いて有難うございます。」「今日も働く場所を与えて頂き、お仕事をさせて頂いて有難うございます。」「今日も家族が健康で生活させて頂いて有難うございます。」と、まずお礼申す事から稽古させて頂きましょう。あなたが扱わせて頂いている商品を、しっかりと手を合わせて拝ませて頂きましょう。拝むことの基本はお礼を申すことです。例えば野菜でしたら何日間かお店に置いておりますと、傷が入ったり、鮮度が落ちて傷んできますね。しかし、あなたが扱っている商品は傷むということがありませんね。それをしっかりとお礼申しなさいよ。品物を求めておられる方々がお店に来て下さって、品物を吟味して下さるのですから、その方々に「こんな良い商品に出会わせて頂いて嬉しい!」と喜んで頂けるように、商売をさせて頂きましょう。毎日ご祈念させて頂いて、その品を必要とする方々を神様がお引き寄せ下さるようにお願いをさせて頂くのです。そして品物を拝み、来て頂いた方々を拝み、お土地を拝み、住宅を拝み、従業員の方を拝み、万物を拝むのです。あなたは、毎日覚えず知らず呼吸させて頂いているのですから、空気にお礼を申しましょう。食事を頂くときやお茶を頂くときに、額まで押し頂いてお礼を申して頂きましょう。お礼を申すことを基本として積み重ねさせて頂いておりますと、その有難いことが子孫に伝わって、子供も心から慎み深く手を合わせてくれるようになってゆくのです。そのことを毎日心掛けて稽古させて頂きましょう。]とお話しさせて頂いたことでした。
★次のおかげを頂く準備というのは、お礼とお詫びです。本気でお礼とお詫びが申せますと、正しいお願いがさせて頂けるようになり、その願いが神様に通じてゆくのです。
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.