金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2019年3月29日(金) 教会長先生 み教えの要約
【題目】神様から与えて頂く仕事
過去のみ教えを見る

 『「信心はやすいようでも、なかなかむつかしい。神の言うとおりにせぬからむつかしいのぞ」と金光様は言うてござった。親の言うことでも、なかなか聞けるものではない。親が無理を言うように思えるものじゃが、親の言うことを聞かなかった子が後で難儀をする。ご信心する者でも、神様の仰せが無理のように思えて、言われるとおりにせずにおると、後で困ることができる。』
★私達は先が見えませんから、神様が「今のうちにあれをしておきなさいよ」と心に気付かせて下さっているのに、「今は出来そうにありません」等と言って後回しにすると、間に合わないようことが起こってきたりするのです。
★あるご信者が、ご自分で決めておられるご修行のお話をして下さいました。それは「自分に与えて頂いた仕事は、全て有難くさせて頂く」ということだそうです。仕事中に部下の方から「〇〇が出来ませんので手伝って頂けますか?」と聞かれましたら、どれだけ忙しくても「あなたの仰ることなら喜んでさせて頂きますよ」と嫌な顔をせずに、内容を聞かずとも快諾なさるそうです。そうしておられますと、その手伝った内容が、後日自分の仕事の上に役に立ったり、必要になる時が必ずあるそうです。ご信者は「そうか、この為に神様が先に考えさせて下さり、調べさせて下さったのか」と分からせて頂かれるということです。
★常に「はい、有難うございます。させて頂きます」という姿勢にならせてもらえれば、次々とおかげを頂いていく方向へ導いて頂けるということですね。何を言うて頂いても「私にはとても出来ません」と断っていましたら、自分の力を貶めてしまうことになってしまいます。人生の上で、何かしら事が起こってくるのは世の常です。それをどのように受け止めて、おかげにさせて頂くか、ということが大切なのです。神様の氏子として、より一層向上させて頂く為に、心を鍛えて有難いおかげを頂く為の受け物を、作らせて頂くための御修行を、共々にさせて頂きたいですね。
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.