金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2019年7月20日(土) 教会長先生 み教えの要約
【題目】神様の深いご慈愛を感じる
過去のみ教えを見る

 信心には段階があります。幼稚園の信心から、小学校・中学校・高校・大学の信心…へと進ませて頂きますと、おかげの頂き様も違ってきます。しかし、まだまだ信心が不確かでありますと、み教えをすぐ素直に「はい!有り難うございます。」と頂くことが出来ません。
★先日の御本部参拝の前に、あるご信者が「今回の御本部参拝をお休みをさせて頂いてご無礼させて頂きたいと思っております」とお届けなさいました。理由を尋ねますと、身体の疲れもありますが、気持ちがしんどいということでした。そこで「それではいけませんよ。どうあってもおかげを頂こうという気持ちにならせて頂きましょう」とお話しさせて頂きました。そのご信者は家に帰られてからも、なかなか気が進まず、「くじ」をつくったそうです。『お参りする』と書いたものと『お参りしない』と書いたものを同じ確率で用意したということです。すると、5回引いても『お参りする』というくじが出てくるのでした。そこで今度はあみだくじを作られたそうです。確率は同じはずなのに、あみだくじでも3回選んでも『お参りする』という結果になったのだそうです。
★後日その事をお届けされた時に「お結界で頂いたみ教えをすぐに守れない私に、神様がどうあってもお参りさせて頂くようにみ教え下さったことがよく分からせて頂けました。今回は反省致しました。来月からは迷わずに参拝させて頂きます」と正直にお話しされました。それを聞かせて頂き、「なんと神様はご苦労下さり、ご心配下さり、おかげの頂ける方へとお導き下さっているのだなあ」と改めて実感させて頂きました。
★私達氏子のために『何とかおかげを頂いてくれよ』と願い、導いて下さる神様の深いご慈愛を感じさせて頂き、御恩を知り、御恩に報いる信心を一段ずつ進めさせて頂きましょう。
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.