金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2019年7月21日(日) 教会長先生 み教えの要約
【題目】準備をする大切さ
過去のみ教えを見る

中国宋時代の朱新仲というお方が、人生には五つの計画が大切であると伝えておられます。
1.生計(心身の健康、健やかに生きる道を考える)信心と勉強と御用に励ませて頂き、健全な精神を基に健康な身体を育ててゆくことです。食生活を見直してゆき、生活習慣を見直してゆきましょう。身体を鍛えさせて頂き、知識、教養を身に付けて、好き嫌いなく広く学び、脳を活性化することが大切です。
2.身計(自分の身をどのように役立てるか、社会生活を考える)社会で、どのように役に立つ働きをするのか、資質を生かして技術力・語学力を高め、資格を身に付けて、より一層実力をつけてゆくことです。『50、60花ならつぼみ、70、80は働き盛り』と教えて頂いています。年齢を重ねてこそ、周囲の方々が助かる為のお世話を、先頭に立ってさせて頂くことが出来るようになるのです。
3.家計(家庭をどのように維持していくかを考える)土地、住宅、円満な家庭を維持管理してゆくための徳と力を頂けるよう、将来の準備をさせて頂くことが大切です。
4.老計(どのような年の取り方をさせて頂くかを考える)年齢を重ねますと、若い時の瞬発力は衰えますが、持続力は身に付き、有難い経験を生かせる存在にならせて頂けます。衰えない生き方をさせて頂く為には、5年先にはどのようにおかげを頂き、お役に立たせて頂いてゆくかを考えさせて頂きましょう。日々良いことを思い、良いことを願い、良いことを口にし、喜ぶ稽古をさせて頂きましょう。喜べることを毎日ノートに書き出してみましょう。
5.死計(どのように死に向かうか、すなわち一日一日を大切にし、どのように生きてゆけばよいのかを考える。人生の大切なことを学ぶこと)年が寄れば寄るほど、本当の学問をさせて頂き、お徳を積む生活をさせて頂いて、子孫に徳を残すように、おかげを頂いてゆく方へ心配りをさせて頂くことが大切です。ご先祖の霊様方を丁寧にお祀りし、日々拝ませて頂いて霊祭を仕えさせて頂くことは、自分がお国替えをした後に拝んで頂けるようになるために準備です。拝んで頂けるだけの徳を積ませて頂かねばならないのです。
★物事が成就してゆくためには、すべてに準備が大切です。それぞれの年代や立場によって、願う内容も違ってきます。それぞれのご家庭で立てられた五ヵ年計画が満願成就させて頂けるように、準備をしっかりとさせて頂きましょう。
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.