金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2019年7月28日(日) 教会長先生 み教えの要約
【題目】何事も神様のさせなさるご修行として
過去のみ教えを見る

 お商売をなさっておられるあるご信者は、一軒の大きな取引先からの仕事が、会社全体の収入に占める割合が余りにも大きすぎるので、以前から、他の取引先の開拓や、新しい部門の開発に取り組むようにお結界でみ教えを頂かれ、「いつかは必ずしなければ…」と思いながらも、先延ばしになっておられたのでした。ところが、その大きな取引先が何ヶ月か先には取引を打ち切りたいと申し出られ、ようやく本格的な改革に取り組んでおられます。以前からみ教えを頂いておられましたので、今こそおかげを頂く時だと、前向きに取り組んでおられますことは、真に有り難いことでございます。
★普段からみ教えを頂いておりませんと、事にぶつかった時に神様に心が向かず、「先方が急に無理を言うて来たから…」というように、他を責めたり恨んだりしたり、「もう駄目かもしれない…」と、心配に押しつぶされて、真剣に改まりに取り組めなかったりしてしまうのです。
★この度の夏の信行期間は、「何事も神様のさせなさるご修行として喜びに変えていく」という願いを掲げさせて頂いております。天候気象のこと一つにとりましても、夏の日照りあり、お湿りあり、風の強い日もあるわけですが、その都度、決して不足を言わず、全てを有り難く受け止める稽古をさせて頂きたいと思います。
★昨年の台風21号で、教会の真栄根館の屋根瓦が飛んで壊れましたので、5月の御大祭の後から、屋根の修理をして頂いております。梅雨に入って、雨風の強い時には雨漏りがあり、その都度適切に処置をして頂いてまいりましたが、有り難いことに、7月9日の、二代教会長・伊藤コウ師の例年祭の後に、一切雨漏りがなくなるおかげを頂いております。神様が、あらゆる形で私たちにお気付けを下さることを有り難くお礼申させて頂き、よりご安心頂けるご信心に進ませて頂きたいと願っております。
★『神の前に泣いてお縋りするような信心をするので、おかげにならない。神の前に悟りを開いて、いつもお礼のできる信心をせよ。』
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.