金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2019年12月24日(火) 教会長先生 み教えの要約
【題目】日々元日の心で
過去のみ教えを見る

 教祖様は近藤藤守先生に、『正月元日は、一月二月三月四月のことを神様が教えて下さる。二日は、五月六月七月八月のことを神様が教えて下さる。三日は、九月十月十一月十二月のことを神様が教えて下さる。そこで正月三が日をもって1年中のことを伺うておきさえすれば、みな神様が教えて下さる。その徳を受けなさい。』『正月は一年中のことを祝うので、まことにめでたいものじゃ。よって、氏子は腹が立っても三が日じゃ、怒るな怒るなと言うじゃろう。よってのう、日々元日の心で暮らしてのう、日が暮れれば大晦日と思い、日々うれしく暮らしますのじゃ。そうすれば家内に不和はないのじゃ。日々うれしく元日の心で暮らせばよいのう。』と、み教えを下さいました。
★「日々うれしく元日の心で」ということは、「昨日よりも今日、今日よりも明日」というふうに、毎日新たな気持ちで向上していく、というご内容でもあると分からせて頂きます。病気でも仕事でも、「明日は良くなる。明後日はもっと良くなる。」と願い続けることが大切です。「今日は悪かった。明日はもっと悪くなる。明後日はもっと悪くなるに違いない。」と、反対のことを思ってはいけません。神様が「明日は悪くなるぞ」と仰っている訳でもないのに、「私はこんな程度でしかない。どうせ一生懸命やったって物事は良くならない。」と、自分で自分を見限ってしまっては一向に結構になってゆきません。日々新たな自分に生まれ変わらせて頂くつもりで、おかげを蒙らせて頂きたいと思います。
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.