金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2019年12月25日(水) 教会長先生 み教えの要約
【題目】信心は本心の玉を磨くものぞや
過去のみ教えを見る

『どういうことが起きてきても驚いてはならんぞ』と教えて頂いておりますが、驚いて心を乱して慌てふためいて、人を恨んだり憎んだり・・・そういうことをしておりましたら、わが心でわが身を生かすということが出来なくなります。また人を生かすということも出来ません。自分自身を神様の氏子として磨きに磨いて、良い方向へ成長させて頂けるということにならせて頂けますには、様々な出来事によって鍛えて頂いて、その出来事一つ一つをおかげに変えさせて頂ける心持ちを作らせて頂くことが大切です。
★出来事が起きてきた時に、人や問題の方に心が向いてしまいやすいものです。人や問題の後ろに神様がおられますから、神様に心を向けましたら、自分自身が「神様はこのことを通して、どういうことを私に仰っているのだろう」と考えさせて頂けます。それはまさに心行ですね。『人を不足に思わず、物事に不自由を行とし・・・』心行をさせて頂くのは長期的なことでありますから、生涯かけておかげを頂いていくつもりでお願いをさせて頂くことが大切です。
★私達がおかげを頂いていかねばならないのは、どんな事態にあっても、そこから先々を見つめて、先を楽しみに「さあ、今こそご信心をさせて頂かねばならない時だ!」と思い定めることです。それはまさに己に克つということですね。何かと、すぐに打ちひしがれて、投げ出してしまいたくなり、弱音を吐いたり愚痴を吐いたりしていては、結構になれません。「さあ今から何としてでもおかげを頂こう!」と燃える心で、『今月今日で一心に頼め おかげは和賀心にあり』という姿におかげが頂けるのです。
★何もかも神様が一番良いようにして下さると信じて疑わず、信心を離さずにお願いをさせて頂いて、『わが心でわが身を救い助けよ』『わが身は神徳の中に生かされてあり』『心配する心で信心をせよ』と常に自分自身に言うて聞かせていくことを心掛けさせて頂かねばなりません。
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.