金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2020年6月12日(金) 教会長先生 み教えの要約
【題目】日々の改まりは、日々の生まれ変わり 
過去のみ教えを見る

 あるご婦人が、娘さんの目が見えなくなった事を二代教会長・伊藤コウ師にお届けしますと、「毎日お参りしてみ教えを頂きなさい。」と仰せられたのでした。毎日1回お参りするようになられましたが、娘さんの目に変化はありません。2回参るようになられても、娘さんの目が見える兆しがありませんので、「先生、毎日2回お参りさせて頂いても、娘は目が見えないままです・・・」とお届けなさいますと、「あなたはどんなお参りの仕方をしていますか?お参りさせて頂きなさいというのは、『み教えを頂きなさい』ということです。み教えを頂いたら、生活に改まりが生まれて、必ずおかげを頂けるはずです。家の炊事場はどうなっていますか?野菜のくずは落ちている、お米粒は落ちている、毎日お参りをしてあなたは何を聴いているのですか!」と、み教えを下されたのでした。

★伊藤コウ師は、そのご信者の家を訪問されたことはなかったのです。「先生は私の家を見られたわけではないのに・・・」と不思議に思って、帰ってみると、先生の仰せの通り、炊事場は野菜くずとお米粒がたくさん落ちたご無礼な状態になっていたのでした。毎日見ているはずの場所さえも、自分が見えていなかったことに気付かせて頂いたのです。ご信者はそれまでのご無礼な生活を、神様にお詫び申して改まっていかれました。すると有難いことに、娘さんは目が見えるようになるおかげを頂かれたのでした。

★み教えを頂いて、天地の道理に基づいた在り方に、日々生まれ変わらせて頂くことは、真に有難いことです。有難いみ教えを頂いても、自分のことは顧みず、「これは、あの人に聴かせてやらねば!」と、思うような聴き方では、真のおかげを頂くことは出来ません。み教えは、素直に自分自身にしっかりと頂き、率先して悪癖・悪習慣を改まらせて頂けば、そのお徳は、水が自然と流れる如くに周囲にも伝わっていくのです。

★『天地金乃神は天地を一目に見ておるぞ。神は平等におかげを授けるけれども、受け物が悪ければおかげが漏るぞ。』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】


過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.