金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2020年6月27日(土) 教会長先生 み教えの要約
【題目】中庸が有難い 
過去のみ教えを見る

 25日には、有難いことに青年会学生会例会を開催させて頂きました。小池氏の講演の中に、「中庸こそが、究極のおかげを頂いている姿である」という、ご内容がございました。「中庸」とは、「かたよることなく、常に変わらないこと」、「過不足がなく調和がとれていること」という意味でありますが、日々生命を頂き、天地のお恵みを頂いて、結構な環境を与えて頂いている、ということに気付かせて頂くことは、大変有難いことです。足が動かなくなってから、足が動くことの有難さに気付いたり、目が見えなくなってから、目が見えることの有難さに気付くということは、一般的にあることですが、信心をさせて頂いている私達は、事が起こる前から気付かせて頂き、日々喜んで生活させて頂かねば、申し訳ないことだと思います。

★二代金光様は『何でも信心して二つのおかげを受けたら楽じゃ。一つは身に受けるおかげじゃ。今ひとつは我が心に受けるおかげじゃ。心のおかげが大事じゃぞ。心のおかげを先に受けたら、身のおかげは自然に受けられるのじゃ。』とみ教えを下さいました。当たり前のように思える今日は、実は当たり前のことではありません。御先祖の霊様方のご生前中のご修行や、霊になられた後のお働きがあってこその今日です。そのことが分かっていなければ、恩知らずとなり、いずれ徳切れになってしまいます。御恩を知り、御恩に報いることを心掛けることが大切です。

★毎日「面白くないなあ」と思う人は、面白くないところばかり見ているのです。また、「自分の周りには嫌な人ばかりだ」と思う人は、人の悪いところばかり気にしていることでしょう。生活の中の面白いところ、人の良いところを探して、分からせて頂ける自分にならせて頂けますように、と神様にお願いすることを忘れてはいけません。先に自分が真心を尽くしていくと、相手も応えてくれるようになります。

★日参と聴教に励み、心を改め磨いて、中庸こそ有難いという心で、日々おかげを蒙らせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】


過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.