金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2021年4月13日(火) 教会長先生 み教えの要約
【題目】おかげの受け物を作る謙虚な姿勢
過去のみ教えを見る

 以前、金光英子先生からお聴きしたご内容ですが、金光図書館が合言葉とされていることに、【3つのことは言いません】というものがあられるそうです。その3つとは「ありません」「出来ません」「知りません・分かりません」のことだそうです。その3つを言わないように心掛けておられるということです。
★利用者の方が探している資料が、金光図書館にない時には、「ありません」と言わずに、「お探ししましょう。作りましょう。」と提案されるそうです。例えば、視覚障害のある方が求めておられる本に、点字のものがない時には、「作りましょう」ということで、時間や手間を惜しまずに、点字の本を作るよう努力なさるそうです。また、「出来ません」と言わずに「ここまではさせて頂きます。あとはどうすればよろしいでしょうか?」と尋ねられるということです。
また、図書館の職員の方々がご存知ない資料に関しての質問には、「知りません、分かりません」と言わずに、「教えて下さい。聞かせてください。」とお伺いなさり、少しでも利用者の方のお役に立つことを願われ、さらに幅広くお役に立たれるためのきっかけとなさっておられるそうです。実に謙虚であられ、信心のお手本とさせて頂きたい有難いご内容を聴かせて頂いたことでした。
★5月11日の御大祭に向けて、一層心を込めて日参と聴教に励ませて頂き、また、御礼の御用にお使い頂きまして、神様のおかげを十分に頂く妨げとなってしまう、我情我欲、不成心をお取り払い頂いて、心と体におかげの受け物をしっかり作らせて頂きたいと思います。
★『座敷、押入れ、板の間に塵が積もるように、人間は我欲のために我が心に塵が積もる。我が心我が身に汚れないように心と体の掃除をするつもりで今月今日で信心をせよ。』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.