金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2021年4月18日(日) 教会長先生 み教えの要約
【題目】親と子があいよかけよで頼み合いいたし 
過去のみ教えを見る

 16日には婦人会例会が無事開催され、矢野氏の有難いおかげ話を聴かせて頂きました。矢野氏のお母様は小学校に通われる時に、旧広前の門の前で手を合わせて拝まれてから、小学校に登校なさったそうです。どういうご信心なのかも分かっておられませんでしたが、子供ながらに神様に心を向けておられたのでした。そして初めて中に入られた際に、二代教会長先生から「よう参られたなあ、あなたのお家はめぐりの深い深いお家や。明日から体の悪いお母さんを連れて参っておいでや」と声をかけて頂かれたのでした。矢野氏のお母様は幼いながらも、自らみ教えを頂いて、おすがりをさせて頂かれたのです。

★手を合わせて拝んで、お参りをさせて頂く心になられたことが、有難くもったいないことですね。お母様のお家では、ご両親(矢野氏の祖父母)の夫婦喧嘩が絶えなかったそうです。お母様は4姉妹の3番目であられましたが、上のお姉さんが二人とも結核で、次々亡くなられたそうです。さらに矢野氏の祖母は心臓に病を抱えておられた為、体調を崩しておられましたが、お母様がお参りを続けられた結果、体調も段々と回復のおかげを蒙られたのでした。

★辛い苦しい毎日の生活でありましたが、その中からご信心をなさって、成長の上におかげを頂かれ、お見合いにて真面目で実直なご主人と出会われ、それからも有難い信心のお徳を頂かれたのでした。

★「めぐりの深い家」と教えて頂かれましたが、信心をさせて頂くことで一年一年有難くなっていき、年が寄るほど位がつかれたのでした。私達には、過去にさかのぼってご先祖の生活がどうであったかということは、詳細は分かりませんが、分からないながらも、今日一日、今日一日とおすがりをして、おかげを頂いていかねばなりません。お願いをさせて頂いて、良い方へ良い方へ導いて頂けるように日々の信心に基づいた生活をさせて頂き、おかげを蒙らせて頂きましょう。

★『其方取次で、神も立ち行き、氏子も立ち。氏子あっての神、神あっての氏子、子供のことは親が頼み、親のことは子が頼み、天地(あめつち)のごとし、あいよかけよで頼み合いいたし』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.