金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2021年4月19日(月) 教会長先生 み教えの要約
【題目】神様が一番良いようにして下さる 
過去のみ教えを見る

私には、幼い頃より脱腸の症状がありましたが、大学生の時にご時節を頂いて手術を受けることになりました。

★担当の医師はベテランの医師で安心しておりましたが、いざ執刀して下さったのは、若い研修医の方でした。下半身麻酔でしたので、ベテランの先生が若い執刀医に指示する声、「そこは違うだろ!」とか「そこまでしなくて良い!」等、気にかかる言葉が耳に入ってくるのです。「金光様・・・金光様・・・」と御祈念させて頂いておりましても心配がとれず、緊張は極限に達してしまい、出血多量かと勘違いされるほどに、顔面蒼白になってしまったのでした。

★後に分かったのですが、研修医の先生だったので、全てにおいて丁寧に念入りに処置をして下さり、看護師の方に「あなたはラッキーでしたよ!」と言って頂いた程に、後々まで再発の心配のないような、有難い手術をして頂いたとのことでした。「金光様・・・」と御祈念させて頂いたにもかかわらず、神様に一心にお縋り出来ていなかった、自分の信心の程度を分からせて頂いた出来事でした。

★様々な出来事が起こり、思うようにならなくて困ることはたくさんあります。そのときに、「神様が一番良いようにして下さる!」という信念を持ち続けている人は、「不自由を行」と思えるので有難いですね。物事を苦にせず、人や物を不足に思わず、神様に一心にお縋りし、全てのことを有難く頂いてゆけば、自分が思う以上のおかげが頂けるのです。そのような信心を毎日稽古させて頂きましょう。

★『神があっての氏子、氏子あっての神じゃによって、病気災難をはじめ何事でも、非常と平生とにかかわらず神に願いをかけよ。信心とは、常平生、神の心のようになって信心するのが信心じゃ。手を合わして拝むばかりが信心ではないぞ。』

『一心とは一つの心と書く。二心のうろたえ心を出さないで天地金乃神に一筋に取りすがるのが一心である。十分なおかげを受けるには一心でなければならない。』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.