金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2021年4月26日(月) 教会長先生 み教えの要約
【題目】神様にお守り頂いている日々
過去のみ教えを見る

 昨日は、青年会学生会総会が無事に開催され、小池氏より大変有難いおかげ話を聴かせて頂きました。

★理学療法士として働いておられる小池氏は、働き始めて2年目のこと、担当患者の方に付き添って屋外で歩行練習をなさっておられた時に、患者の方の片膝の力が急に抜けて、手助けが間に合わず地面に片膝が着いてしまったそうです。幸いにも擦り傷で済んだことでしたが、今までの屋外での歩行練習が順調であったことから、油断があったと深く反省なされ、その日の仕事帰りにすぐに教会へお届けに来られました。お結界の先生より「本日はおかげ日ですね。これからもう一度お徳をしっかり積ませて頂きましょう」とみ教えを頂かれ、患者の方が大きな怪我無く神様にお守り頂いたことのお礼を申されたのでした。

★また同年に、購入したばかりの自動車で、友人と走りやすい慣れた道をドライブしていた際に、急に車の向きが変わり山の木に激突し、車が180度横転し、天井が地面に着いた状態になってしまい、車も大破するほどの事故を起こしてしまわれたのです。しかし、2人とも軽い擦り傷のみで済み、他の車を巻き込むことは無かったのでした。翌日にお礼とお詫びのお届けをなさいますと、お結界の先生より「これまで積み立てていたお徳はおかげに変わりました。これからしっかりと神様の御用にお使い頂き、お徳をもう一度積ませて頂きましょう」とみ教え頂かれたのでした。

★それ以来大きなトラブルもなく、日々無事に仕事と生活をさせて頂けるおかげを蒙られている小池氏は、この2つの出来事を【神様にお守り頂いていると痛感させて頂いたこと】としてお話しされ、さらに「私は無事に過ごさせて頂いているということを、当たり前であるかのように思い違いをし、神様へのお礼が出来ていなかったことに反省し、それ以来何事にも神様に心を向けさせて頂く稽古をさせて頂くと共に、日々万事にお繰り合わせ頂いていることに、お礼を申すことを心がけるようになりました。そして、この事故は一生忘れてはならないお気付けであると思い、毎年事故を起こした日には、お教会でお届けをさせて頂き、私と友人の命を助けて頂いたことにお礼を申させて頂いております」とお話しされました。

★「出来てくることは、みなおかげ」であり、神様は一番良いようにして下さっているのです。ここに神様の思し召しがあると思わせて頂き、どんなことが起きてきても、人や物事に不足を思わず、物事を苦にせず、万物を有難く頂くことを稽古し、自ら有難い物を生み出させて頂くご修行を共々にさせて頂き、おかげを蒙らせて頂きたいと思わせて頂きます。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.