金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2021年6月16日(水) 教会長先生 み教えの要約
【題目】伝わる信心 
過去のみ教えを見る

先日、あるお方が[私方の息子はまだご信心を頂いておりません。私が「あなたが仕事の成功のおかげを頂いているのは、神様のお守りのおかげですね」と言いますと、「神様のおかげじゃない。自分が一生懸命働いているからだ!」と申します。]とお届けされました。

★そこで[それは、息子さんを通して神様が働いて下さっておられるのですから、息子さんを拝めばよいのです。息子さんに「あなたが一生懸命働いてくれるから有難いことです。ここまで結構に一生懸命働いてくれていることによって、家が皆助からせて頂いています。あなたのおかげです。有難う、有難う。」とお礼を申せば良いのです。そこを、「あなたは一生懸命しているつもりですが、それは神様のおかげですよ。」という言い方をしますと、その息子さんの心は、横へ逸れてしまうのです。「お母さんはそう言いますが、私は一生懸命努力している。神様のおかげではありません。」というようなことになってしまいます。ですから、ご信心をさせて頂いている方が、まだご信心に縁のない方を拝めば良いのです。そして「あなたのおかげですよ。」ということを伝えたら良いのです。]とお話しさせて頂いたことでした。

★続いてそのお方は、「では、神様のおかげはどう伝えるのですか?」と尋ねられましたので、[息子さんを通して神様のおかげが表れてくるのです。それを「あなたは一生懸命してるつもりですが、足らない所は神様が足して下さっているのです。」という言い方をしますと、また息子さんは反発してしまいますね。「あなたが一生懸命してくれていることが有難い、喜んでいる。」ということを伝えさせて頂けば良いのです。そうすると息子さんも喜んでくれて、「私も足らない所がありますのに、お父さんお母さんがお願いしてくれているおかげです。」と言ってくれるようになるのです。そうなれば、ご信心が伝わっているのです。]

★伝え方ということはとても大事で、相手の受け物の状態によって、こちらも伝え方を勉強せねばなりません。相手に分かって頂けないのは、こちらが足らない証拠で、もっともっと実意丁寧にさせて頂く必要があるのです。自分は伝えさせて頂いているつもりでも、「まだまだ足らない。」と理解をさせて頂くことが大切です。常平生から、しっかりご信心をさせて頂いている方が、しなければならない勉強なのですね。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.