金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2018年5月19日(土) 教会長先生 み教えの要約
【題目】迷信を打破し、天地の道理に沿った生き方を
過去のみ教えを見る

 このお道は迷信を打破し、天地の道理に合う生き方を教えて下さるお道であります。例えば、昔は出産に対して色々な迷信がありました。「母屋で出産してはいけない。産後横になってはいけないから、俵や布団などによりかかること。産後すぐに母乳を飲ませてはいけない。産後はすぐに五香を飲ませる等々。」です。 ですが、教祖様は『妊娠の時、腹帯はいらぬ。また出産の時、ふとんにもたれ、また俵に寄りかかることはないぞよう。産子には水や五香はいらぬ。初乳を捨てず、すぐに飲ませてよいぞよう。』とみ教えなさったのでした。さらに『産子に五香を飲ませず、神酒・神水にお洗米を入れていただかせれば、産毒は取りさばきくださる。』ともみ教え下さいました。
★島之内教会・三矢田守秋師のご教話の中に次のような内容が見られます。[国立岡山病院名誉院長であられた山内逸郎医師は、新生児医療に取り組み、昭和52年に岡山県の赤ちゃん死亡率の低さ、日本一を達成され、WHO(世界保健機構)の「赤ちゃんにやさしい病院」第1号に認定され、世界の名医と称された人です。 金光学園の父母教師会で講演なさった内容ですが、「昔から最初に出るお乳は粘っこくて少し黄色がかっているので、赤ちゃんには飲ましてはいけない」と言われていました。ところが、最初に出るお乳には、大事なものが含まれていると研究によってわかりました。病気に罹らないための予防接種のような成分があるということです。教祖様は、百何十年も前から『最初のお乳を飲ませなさい』と仰っているのですが、よくも仰られたことだと思います。]
★山内氏は、ご晩年、母乳運動に打ち込まれ、その研究によって、産後すぐに母乳を飲ませた方がよいという事がわかられたのです。母親の初乳を与えると髄膜炎、敗血症などの感染症の予防効果があり、安全で抗感染効果があるということが分かったということです。神様から直接み教え頂かれた教祖様は、135年以上も前から、『母の乳をすぐに飲ませ』と氏子にみ教え下さっていることは、大変有難いことだと分からせて頂きます。
★さらに、教祖様は男尊女卑の時代に『女は神に近い。』とまで仰っておられます。それほど女性は尊い能力を神様から頂いており、子宝を授かり生み育てることが出来るということは有難い事ですね。
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.