金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2022年1月8日(土) 教会長先生 み教えの要約
【題目】欲にとらわれない稽古
過去のみ教えを見る

 二代金光四神様は、ある時一人の信者に『人は欲しい、惜しい、憎い、可愛いという事を離れさえすれば楽じゃ』と仰せられました。さらにその信者は、「我が子と他人の子と遊んでいる時に、二人同時に転げたら、どちらを先に起こせばよろしいでしょうか」と尋ねました。すると二代金光四神様は、『それは他人の子を先にせよ』とお答えになりました。「それでは余りにも、我が子に情愛が薄うはございませんか」と申し上げると、『いやそれで情愛が厚いのじゃ、その心になれば我が子は神様が起こして下さる』とお諭し下されました。

★『人は欲しい、惜しい、憎い、可愛いという事を離れさえすれば楽じゃ。』

1)欲しい:貪欲。金銭欲、名誉欲、権勢欲、自己顕示欲にふけること。

2)惜しい:惜しみがかかること。恩着せがましいこと。

3)憎い:人を憎んだり恨んだりすること。

4)可愛い:子供や孫を溺愛すること。

★人間には食欲、睡眠欲など、生きていく上で必要不可欠な欲があります。しかし、欲どおしく欲しがる・惜しみがかかる・憎い・溺愛するというような我情我欲・利欲打算という心も、また皆が持ち合わせています。そして、欲に囚われて物を欲どおしく欲しがったり、恨んだり、憎んだりと、欲が過ぎますと、身を滅ぼすこととなってしまうのです。そうならない為に、み教えを頂き、常にお取次ぎを頂き直して、自分自身が心の中身を見つめ直していくことが大切です。常に、心を神様に向かわせて頂けるように、稽古をさせて頂きたいものですね。

★『人心を去りて神心になれ、人心を持って神心を失うなかれ』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.