金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2022年6月12日(日) 教会長先生 み教えの要約
【題目】過ぎたことは神様にお任せし、今日の御礼を
過去のみ教えを見る

 あるお方が、複数の病気を併発なさり、何種類もの薬の副作用に苦しんでおられました。病気の信仰を心配しながら薬を止めるか、あるいは、副作用に耐えながら飲み続けるか、悩まれて、四代金光様にお届けなさったのでした。

★四代金光様は、「病気の虜になりなさんなよ。虜になったら、不足に思ったり、恨んだりするようになる。何事も順序を間違わないように。お風呂に入る時でも、御礼を言うてから入らせて頂き、しっかり疲れが取れる入り方をさせて頂きましょう。入らせて頂けたら御礼を申し上げるのです。」と、生活の万事において、そのような生き方の稽古をさせて頂くよう、み教え下さったのでした。

★そのご信者は、何事にも、まず御礼を申す稽古をしていかれますと、薬を止めても症状が安定するおかげを頂いていかれたのです。さらには、「虜になってはいけないのは、病気だけではないな。何かの虜になることによって、他が何も見えなくなり、自分を矮小化してしまい、遂には、病気や問題を恨み、自分や人を責めたりするようになる。病気になったことによって、神様のお働きを分からせて頂き、お恵みを頂いていること、お育て頂いている自分であることが、分からせて頂いたのだから、病気も神様の有難いお差し向けであった」と、御礼を申すことが出来るまでに、おかげを頂かれたのでした。

★『昨日を忘れ、今日を喜び、明日を楽しめ』と、み教え頂いております。忘れることが難しい過去もあるかもしれませんが、神様にお願いしてお任せさせて頂くことによって、心の執着から解放され、過去一切が救われるのです。過ぎたことは神様にお任せして、今日頂いているお恵みに感謝し、お礼を申しながら、今日からの信心を大切にさせて頂きましょう。今日からの信心が、明日以降を良い方向へ導いてゆくのです。

★『教祖さまは、「昨日を忘れ、今日を喜び、明日を楽しめ」と仰ったが、過ぎたことはどうにもならん。今月今日の信心に油断をせぬよう、明日を楽しんで、日に日に生きた信心をせよ』(二代金光四神様のみ教え)

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.