金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2022年6月26日(日) 教会長先生 み教えの要約
【題目】痛まぬ時の信心を、油断なく丁寧に続けさせて頂く 
過去のみ教えを見る

   教祖様は、『病の治るほどありがたきことは、もうほかにはなし。これまでは痛き時には神に信心いたし、痛まぬ時には信心なし。これからは達者の願い。痛まぬ時、信心第一。家内中まめ息災、牛馬にいたるまで、さしつかえのないように御繰り合わせを一心に願えい』とみ教えを残して下さっておられます。

★自分の都合の悪い時には、「なんとか助けて下さい。私の力だけではどうにもなりませんから、神様よろしくお願いします」と神様におすがりして、都合が良くなれば「もう都合が良くなりましたので、結構です。後は自分でします」というのは、神様を抜きにした生活です。

★お道のご信心は、そうではありません。私達はご信心から離れないように、神様から離れた生活にならないように、いつも神様と共にある生活をさせて頂くのです。常に神様が見て下さっておられ、願って下さり、おかげの中に、包み込んで下さっています。それが今この瞬間も続いているのです。毎日毎日変わらず、心を神様に向けて、心中ご祈念をしながら生活させて頂けるように、心掛けていきますと、足らないところは足して下さり、実に有難い、思う以上のおかげを頂いてゆくのです。

★甘木教会の初代教会長・安武松太郎大先生は『昨日の私と、今日の私は違う。今日の私と、明日の私は違う』と、仰せになりました。毎日毎日、信心の稽古に励ませて頂きましたら、必ず上達してゆくのです。出来てきたこと全てを、ご修行にさせて頂いて、今日一日、繰り返し、繰り返し、稽古していく中に、尊いものが生み出されていくのです。

★人が、美しく光り輝いて見える時は、様々ありますが、
1)素直に、純真に、本気で物事に取り組ませて頂いている時
2)どこまでも諦めずに、打ちこんで努力させて頂いている時
3)心が清く、慎ましやかな時
4)愛情が深く、豊かな時
5)親切な時
6)勇気を持って困難に打ち克ってゆく時
等があります。毎日、心を磨く稽古を怠らず、何十年と続けさせて頂き、段々と身にお徳を積ませて頂いて、有難い姿にならせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.