金光教阿倍野教会
ホームページ内容一覧
文字を大きく表示の仕方  
メニュー項目
阿倍野教会の歴史(阿倍野教会の布教当初のお話)
阿倍野教会の信心活動
朝のみ教え要約(心を豊かに育てる話)
伊藤コウ師 伊藤良三師み教え
阿倍野教会が大切にしているところ
行事予定(年間の行事予定を紹介)
ここが知りたいQ&A
阿倍野教会までの参拝経路
み教えメール配信ご希望の方
当サイトで使用しています画像、テキストデーター等のコピー、複製、無断転載は固く禁止させていただきます。

朝のみ教え要約
■2022年1月27日(木) 教会長先生 み教えの要約
【題目】諦めずに、願い続ける 
過去のみ教えを見る

 もうすぐ2月10日には大阪府下の私立高校の受験があり、すでに大学の受験も始まっておられ、受験生の方々は、打ち込んで、勉強なさっておられることでしょう。

★しかし、「もう〇日しかない」「もう間に合わない」と思った途端に、人間は十分に能力を発揮出来なくなります。反対に、「まだ〇日あるから・・・」と思っていましたら、油断してしまいます。あるのは今日一日です。今日一日を「とにかく、この瞬間!」という、心持ちで尽力しなければ、心に隙が生じたり、諦めたりしてしまうのです。

★どんなことにも、「どこまでも、諦めない!」ということが、実に大事なことだと痛感します。途中で体調が思わしくない、ということによって、緩んだところがあったとしましても、もう一度気を引き締めて、最後まで諦めずに、願い続けていくことが出来ましたら、有難いことに、願いが成就していくのです。

★人間は心に左右されますから、「これはとても無理だ・・・」「私には、こんな難しいこと、出来ない・・・」と思ったその瞬間に、そこから体がまともに動かなくなるのです。自らを限るということは、神様に対してご無礼なことです。

★仕事や家庭生活の中で、「不成心を取り払っていく修行」をさせて頂くのです。ご修行させて頂く上では、「今日一日、どうあっても、おかげを頂かせて下さい!」と願い続けていくことが、大切です。私達は、そうしたことを様々な場面で毎日勉強させて頂けることが有難いのです。

★1月5日から始まりました、寒修行信行期間が、残り10日を切らせて頂きました。締めくくりをしっかりとさせて頂いて、それぞれに、有難いおかげを頂くことが出来ますように、願わせて頂いております。特に、お願いを立てておられるところを、最後まで、諦めずに、願い続けて成就させて頂けますよう、おかげを蒙らせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

過去のみ教えを見る み教えを印刷する方法
このページのトップへ
金光教阿倍野教会
大阪市阿倍野区晴明通り6-6
阿倍野教会までの詳しい参拝経路はこちら>>
個人情報取扱いについて>>
Copyright (C) 金光教阿倍野教会. All Rights Reserved.